2019年3月15日金曜日

閣議決定


花粉症の季節がやってきた。眼の痒さは半端ない。そんな辛い毎日を吹き飛ばすような知らせが届いた。3月12日、「土地家屋調査士法一部改正案」が閣議決定されたのである。使命規定を創設し「表示に関する登記」とともに「筆界を明らかにする業務」の専門家として社会に宣言する内容である。また、懲戒手続に関して、より適正・合理化を図り、さらに、多様なニーズに対応するためにも「一人法人」の設立も可能とした。


2019年3月4日月曜日

お茶会

天皇陛下御在位30年祝賀会のお礼のお茶会が催され、土地家屋調査士会連合会長として案内をいただきましたので、出席してきました。

当日は、朝9時までに宮中に赴くわけですがタクシーで二重橋を渡り、車寄せに向かいました。タクシーのおじさんも二重橋を車で通るのは初めてだと感激していました。

受付後、春秋の間にて多くの参加者の皆さんと歓談の後、雅楽と舞の披露を観せていただき、11時から豊明殿において「お茶会」が始まりました。天皇皇后両陛下を始めとする皇族方がおそろいになり、乾杯をしました。有名人の方も大勢参集しており、私自身はキングカズと三浦雄一郎さんのすぐ後ろで両陛下のお声を聞かせていただき、感激の至りでありました。

帰りに「天皇陛下からの賜り物です」と係の方からお土産をいただきました。皇后様が選ばれたボンボニエールに入った金平糖でした。一粒口にいれてみたら、ものすごく上品な味でした。

生涯、忘れることのできない一日となりました。

2019年2月26日火曜日

天皇陛下御在位三十年記念式典

案内をいただき、今上天皇陛下の御在位30年の記念式典に参加させていただきました。東京:国立劇場に各界の代表者等、1100人が参集され、それはそれは厳かな式典でありました。天皇陛下からのお言葉におかれては、何度かお声をつまらせる場面もあり、僭越ながら、心の底から国民の幸せを願われていたのだなぁと感じました。安倍首相の音頭で、万歳三唱の後、会場をあとにされる天皇皇后両陛下は、会場内に何度もお手を振られ、私も、周りの人達も自然に涙を流していました。世界に誇る、日本の皇室を実感した一日でありました。

2019年2月10日日曜日

新人研修会

平成最後の新人研修会が、中部ブロックと九州ブロックにて開催されました。この新人研修会を各ブロックに委託開催いただいて20年余りが経過しますが、新しい元号とともに、次年度からは日調連が主体となって中央実施型として開催予定(6月・東京都)です。名実ともに「平成最後」となります。
私も両会場にお邪魔させていただいたところですが、中部ブロックは名古屋で開催され、そのまま九州ブロックの開催地である那覇へ向かいました。両会場ともに新人の皆さんは真剣そのもので受講されてました。まさしく、新人は業界の宝だと痛感したところであります。

2019年1月21日月曜日

全国会長会議

1月16日、17日と全国会長会議を開催しました。


全国の単位会会長さんたちと議論をお願いした項目は、主には「土地家屋調査士法の一部改正への取組について」、「土地家屋調査士制度制定70周年記念事業について」、「土地家屋調査士事務所形態及び報酬に関する実態調査について」、「土地家屋調査士報酬ガイドと報酬資料について」ですが、それら以外にも「オンラインによる不動産の表示に関する登記の申請における法定添付情報の原本提示の取扱について」、「地図づくりへの参画」、「変則型登記の解消事業への対応」等々、私たちの前には常に乗り越えるべき課題があります。今後も連合会は国民目線を常に意識しつつ、まっすぐ前に進む所存でありますので、どうか、全国の土地家屋調査士会と各会員もご理解、ご支援、ご協力をいただき、一丸となっての対応をお願いするしだいであります。

2019年1月11日金曜日

【速報】変則型登記

変則型登記の解消に向けた法律上の措置に関する担当者骨子案が、本日付にて法務省HPにて公表されています。また、同時にパブリックコメントの募集も開始されました。
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=300080176&Mode=0
当連合会においても全国の単位会に情報発信を行ったところです。

2019年1月10日木曜日

常任理事会

年明け早々ですが、常任理事会を招集しました。来週は、全国会長会議と新年賀詞交換会を東京ドームホテルで於いて開催します。他団体の賀詞交換会も目白押しで、本日は日本税理士会連合会の賀詞交換会に出席してきました。会場のマリオットホテルの豪華さに圧倒されつつも、日税連会長はじめ役員の皆様と新年のご挨拶をさせていただいたしだいです。